アセンション:111111ツインソウルとの出会い

◎下記は私の体験談です。


アセンションとは光の融合そして魂の成長です。

意識界=魂の世界の整合因子と繋がれば、新しい次元の扉が開くのです。

魂の世界においての【統合】とは、男女の性の統合=統一化です。

一対の男女の性の【統一化】が魂の進化には不可欠な要素になるのです。


2015年8月。偶然にもYouTubeの中から見つけたツインソウルは、私と同じ意識を持ち続けた同志とも呼べる存在でした。それは、私の子供の頃から好きだったミュージカルの舞台が発端でした。これが整合因子との繫がりを持ったのです。  

 

それはまるで、“惚れ薬”をかけられたかのようでした。

一人の男優に心惹かれ、私の魂からは『愛してる』の言葉が出ました。

何故、愛してるのか?”その意味が知りたくて彼の映るYouTubeを見続けた私。

 

冷静に考えても彼のどこが好きなのか、さっぱり判らないまま、2カ月が過ぎました。

そのうちに湧き出る感情は切なくなり『こんなに好きなのに何も出来ない私…』。

映像を見るたびに涙が出ました。これがツインソウルとの出会いだったのです。


こうして自分のツインソウルを見つけた私は、

2カ月後の2015年10月22日の夜。意識界から衝撃的な映像を見せられました。

それが2020年のアセンションに記載したダビデの印がひたいに入った男児の誕生でした。


それから、まもなくして現実世界で起きたことがツインソウルとの別れ。

彼が結婚したのです。

この別れが更なる飛翔を遂げる合図をつくり、私の意識は統合したのです。

 

それはツインソウルの結婚と同時期に、また別のミュージカルに出演している

一人の男優を見い出した私の意識が動いたのです。

こうして11ヶ月の間に2人の同志を見い出した私は、

新しい意識の繫がりをつくることに成功したのです。


私のツインソウルの繫がりを数字で表すと【11】の数字が三つ表れました。

上記の二人の男優の歳の差は【11】で、

生れた月+月、生まれた日+日を足すと【11月11日】なります。

※ここで誕生日を記載すると誰か分かってしまう懸念がある為に割愛します。どうか御理解ください。

 

そして調べれば調べるほど、人間関係の相対性が顕著に出て来ます。

嗜好や趣味は同じで、よく似た環境で同じような人生を選択していたのです。

身体的な特徴もありますが、それは一部の整合因子にだけ表れるようで、

一過程においては、さほど問題は無い状態でした。

 

そして面白いことに私を含む三人の創意は同じ。

共通して【世界に通用する人になりたい】。

私が、これを知った時は驚いて笑っちゃいましたが、

彼らは真剣に英語を学んでいるとか。二人の男優は、とくかく努力家です。


魂の世界では幾つかの共時性が、この次元界に表れます。

上手く表現できませんが、新しい意識の繫がりを作れば作るほど、意識は鮮明にクリアになって行くようです。

☆2019.1.27 pm22:40記